メガネやコンタクトレンズの度数から

近視の強さは、メガネやコンタクトレンズの度数からおよそ類推できます。
近視の度数は、ジオプトリ―(D)という単位で表現されています。メガネの処方箋やコンタクトレンズの箱などにあなたのジオプトリ―の表示があります。
メガネの度数では(あくまで目安ですが)、
  • -0.5から-3.0D未満を弱い近視
  • -3.25Dから-6.0D未満を中等度の近視
  • -6.0D以上の近視を強度の近視

と考えられます。
コンタクトレンズの度数は、通常メガネの度数より弱いことが多いので、参考程度にしておきましょう。

また、目の前後の長さである眼軸長(がんじくちょう)も近視の強さを示す有用な指標です。近視の度数だけでなく、眼軸長もときどき測ってもらうと良いでしょう。

トップへ戻る

親子で学ぶ近視サイト
日本近視学会 フェイスブック お問い合わせ先 日本近視学会事務局 
株式会社アイリサーチ 
〒532-0024  大阪市淀川区十三本町1-14-20  十三日和ビルV 3F
TEL: 06-6195-6723  FAX: 06-6195-6732 
Email: myopiasociety@eye-research.jp
※病院の紹介や病気に関するご相談などのお問い合わせはご対応できかねますのでご了承ください。